印刷 デザイン DTP 製本なら横浜市鶴見区の印刷屋コジマ印刷

お見積もり・お問い合わせ 0120-168-385
データの入稿方法

入稿方法

24時間受付の「メール入稿」と、「宅配便」等で送っていただく方法の2通りがあります。

メールで送る

出力見本をつけていただければこちらでその通り印刷できることを検証させていただきます。ない場合はお客様にPDFで確認していただくことになります。ファイルが複数ある場合は、フォルダに入れてから圧縮してしてください。圧縮形式は.zip、.sit(.sitx含む)、.lzhはじめほとんどの形式に対応しております。おわかりにならないことがありましたらお気軽にお電話ください。

コジマ印刷 編集・DTP・デザイン製作部門 TEL 045-583-2235 まで

データをメールで送る

メディアで送る

CD-RやDVD-Rに焼いてから、出力見本と一緒に以下の住所にお送りください。送付方法は紛失を防ぐために、記録が残る手段をおすすめします。メディアや出力見本は納品時に一緒に返却いたします。
メディア送付先
〒230-0011  横浜市鶴見区上末吉4-8-11
TEL 045-583-2235
コジマ印刷 株式会社 データ入稿係 まで

入稿でよくあるトラブルと解決方法

イラストレーター入稿のコツ

イラレならAI形式でバージョンそのまま。いちばん楽でトラブル最少

  • バージョンは作成時そのままでOKです。下げるとむしろトラブルの元になります。
  • AI形式で保存してください。EPSやPDFでは変換時に透明分割の設定等、トラブルの原因になる項目がいくつもあります。
  • リンクした画像を必ず添付するか、埋め込んでしまってください。AIデータと画像が入っているフォルダごと入稿するのがおすすめです。その場合、どのファイルを使用するか明記してください。
  • RGBモードでは弊社でCMYKに変換するため、色味がずれることがあります。ウインドウのタイトルバーを見ると一目でわかります。
  • オブジェクトメニューの「すべてのロックを解除」が選択できないことを確認してから、アウトライン化をお願いします。

PDF入稿のコツ

PDFでの入稿は便利な反面、致命的なトラブルも起きやすい面も持ち合わせています。
入稿前に以下の点をご確認されることをおすすめします。

PDF化してからプリントアウトし、そのプリントアウトできちんと出力されていることを確認してください。

作成したソフトからPDF変換時におかしくなってしまうことが一番多いです。
たとえば、

改行がずれる
画像にひびが入ったり、欠ける
画像の解像度が落ちる(変換時の設定が適切ではない)

いずれも元データを取り寄せて対応することがほとんどです。PDFに変換してから確認することで、このような時間ロスを減らすことができます

元データも入稿してください

PDF変換前のデータも添付してください。
PDFと元データがあれば、たとえPDFがうまくいかなかったとしても、元データを使って印刷することができます。
エラーがないところはお客様のPDFを使用し、うまくいかないところは弊社の技術を使って組み合わせることが可能になります。

必ずセキュリティは解除するか、パスワードを教えてください

印刷可となっていても、セキュリティがかかっていると印刷用PDFに内容を書き換えられないため使用することができません。
どうしても解除できないときはご連絡ください。

コジマ印刷 編集・DTP・デザイン製作部門 TEL 045-583-2235 まで

サイトマップ

ページの先頭へ戻る
  • フリーダイヤル 0120-168-385FAX 045-583-0400
  • 全体の具体的な仕様が決まっている場合はコチラお見積もり
  • まだ具体的なことが決まってない場合はコチラお問い合わせ
営業訪問対応地域
神奈川県
横浜市:
鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、港南区、保土ヶ谷区、旭区、磯子区、金沢区、港北区、緑区
青葉区、都筑区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区
川崎市:
幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区
 
相模原市、海老名市、大和市、厚木市、茅ヶ崎市、横須賀市
東京都
 
足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区
墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区
SOY INKについて
プライバシーマーク

コジマ印刷はプライバシーマーク(個人情報)
取得企業です。

環境への取り組み

コジマ印刷はISO14001(環境)
取得企業です。